FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喋る喋る

松尾@くま健です。

本日は、午前中とある市町村に介護予防・生活支援サービス開発の打ち合わせ。
高齢者の元気を引き出すための仕組みのあり方「JWR」←命名松尾。
この仕組みを構築するために多様なステークホルダをつなぐ必要があります。

それぞれフィールドは違えど、WinWinの関係性が構築できれば、あとは同じ船に乗せるダイアログスキル!
まだまだ勉強中ですが、実戦でずいぶんと身に付き始めたかな、と思います。

それからそれから、午後はまたまた市町村へ。
元気を引き出す地域システムについて、ぺちゃくちゃ。

明日もしっかりおしゃべりしてきます!

スポンサーサイト

地域ケア会議のコーディネート

松尾@くま健です。

今日は、熊本県大津町の地域ケア会議のコーディネートに行ってきました。

本日のケースは四件。

参加因子にアプローチする上での福祉用具について議論が深まった会議になりました。やはり、リハビリの目的で散歩するより、散歩する目的を見出していくことも大切ですね!

また、目標設定に対しても、ショートゴールを設定していくことについて、学びがあった会議でした。

改めて、インフォーマルサービスの開発が必要だと感じた次第。

地域ケア会議を通して、不足している資源を補うインフォーマルサービスの開発に向けて、エイエイオー

曽於市地域包括ケアシステム検討会議に行ってきました!

松尾@くま健です。

実に二年ぶりに曽於市の元気な保健師さんに呼び出され?鹿児島県曽於市に行ってきました。

医療費適正化対策で支援させていただいたご縁もあり、みっちり三時間検討会議をして、課内職員向けの研修もさせていただきました。

そのあとは、恒例の豪快な飲み会!
副市長も参戦いただき、課長さんはじめ、皆さんと地域包括ケアの曽於モデルをつくろう!と、決意を新たに。

ですが、久しぶりに焼酎飲みすぎました。。

これからのシステム構築が楽しみです(*'▽'*)

くま健は、地域包括ケアシステム構築のコンサルタントです

認知症ケアパス

松尾@くま健です。

とある自治体さんの認知症ケアパスの作成のために、検討会議。
気づきシートなるアセスメントシートに数値を入れ込み、認知症の患者さんがどのようなサービスにアクセスしているか、不足している社会資源はないか、予備軍はどれくらいなのか、早期発見・早期対応のための業務フロー構築などなど。
認知症になったら施設サービスという流れを転換し、認知症になっても安心して暮らし続けることができるまちづくり。やはり、まちづくり。
そのためには、地域診断に基づく課題を、地域住民やステークホルダーと共有できるか、まさに地域保健活動ですね。
私もコンサルタント業務をとおして、少しでもお役に立ちたいですね。
ですが、主役は地域住民!

くま健は、健康なまちづくりのコンサルタントです

(3度目の正直・・)

松尾@くま健です。

今日は、午前中は合志市にいって健康づくり事業打ち合わせ。
市民の健康度アップのための環境整備のご提案に伺ってきました。コンセンサスは得られたので、他の関係団体の巻き込みなどなど、年明けのまちづくり事業提案に向けて動き出します。

そして、午後は、なんと今度は合志市の職員の皆さんが本社に!
これまた健康都市こうしの実現に向けて、作戦会議。およそ90分一本勝負で、

そして、そして、そのあとは医療保険者さんのところへ。
こちらも90分間白熱した打ち合わせができました!話の内容は、「熊本を元気にする」という地方創生ネタまで飛躍。
いやいや、健康づくり×地域活性化がくま健の強みですので!こちらのプロジェクトもしっかりと軌道に乗せるべく、靴底減らして、汗かきます!

そして、帰社後着替えて運動公園ラン!
3度目の正直まであと2か月。
ひとまず目標200キロ!
ちなみに9月にメーターを取り付けて、チャリの累積距離は、現在500キロ。すご。

おかげで40歳を目前にして痩せてきました。やっと。




視察対応→計画策定委員会→事業相談 の1日

松尾@くま健です。
5/29以来のブログ。。。反省。
Facebookには投稿するのですが、手軽に投稿できるfacebookと違ってブログはログインやらなんやら、。。。言い訳はやめます。

さて今日は、まずは「うえきモデル」の視察対応。
議員さんやら、商工会関係の方やら、行政職員さんやら、社協さんやらいろんな方面の方々が視察に来られます。
このバラエティ感も、うえきモデルの多様なステークホルダのなせる業なんでしょうね。
ちなみに、私が介護予防のまちづくりで視察でお勧めしているM町さんも視察対応でお忙しいとのこと。。

今日の視察は、産山村社協さん。
最近社協さんとのコラボが増えてきました。地域に密着した事業主体である社協さんは、間違いなく地域包括ケアシステムの重要なステークホルダ。そんな社協さんに、「うえきモデル」の説明そっちのけで小規模自治体での地域包括システムの構築に向けた議論であっという間の1時間!(^^)!次年度、面白い動きが生まれそうです★

次は、移動してうなぎがおいしい柳川市(といっても、まだ柳川市でウナギを食べたことはありません)
今年度、こちらの高齢者保健福祉計画を策定することになりまして、今日は第1回会議。
柳川市の地域診断結果を様々な指標を用いながら、委員の皆さんに説明させていただきました。
次回からは、前3年間の評価と合わせて具体的なアクションプランを審議いただきます★

そこからそこから、いざ福岡市へ。
事業相談案件を2件ほど。
こちらも有意義なディスカッションができました。キラリ光るビジネスモデルをさらに玉磨き♪

熊本に帰ってきたら、21:00.

いや~、うえきモデルは多様なステークホルダを同じ船に乗せるビジネスモデルですが、そもそも私の頭の中が多様すぎるのかもですね・・・

さぁ、事業計画を再度ブラッシュアップします!

あきらめたらそこで試合終了です。




最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。