FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おおむた健康づくりフォーラムに行ってきました♪

松尾@くま健です。

今日は、大牟田市の「おおむた健康づくりフォーラム」の基調講演&パネラーとして登壇してきました。
前日に大牟田市入りし、担当者の方と念入りに??打ち合わせを行い、ヘルスプロモーションについて語り、コミュニティ・ヘルスケアは!!などなど話をしているうちに24時を越え、ちゃんぽんがたたり若干二日酔い(+o+)

ただ、ヘルスインパクトアセスメントに興味を持っていらっしゃる行政職員の方とのお話は新鮮でした。

さて、今日の本番。
いつものごとくスライド展開し、しゃべくる。

パネルディスカッションでは、健康地域づくりモデル校区の実践発表をもとに。
「こどもを使うとドアを開けてくれる」ふむふむなるほど。
「役割がなければ、動脈瘤の早期発見はできなかった」ふむふむなるほど。
「個別訪問で事業者と繋がった」ふむふむなるほど。
「出前がん検診で受診者が伸びている」そうそう。がん検診の低さはマズい。

2時間のイベントでしたが、地域のオピニオンリーダーが語る地域健康づくりは重みがありました。
私も今日伺った話を、またどこかでしようっと。

さ、年度末の報告書ラッシュもピーク!

がんばるぞ!




スポンサーサイト

ベテラン保健師さんとのお話

松尾@くま健です。

本日、ベテラン保健師さんとお話しする機会があり、改めて思いました。

「0」か「1」か。

「医療モデル」か「生活モデル」か。

「ハイリスクアプローチ」か「ポピュレーションアプローチ」か。

バランス感覚。広い視野。人をつなぐ。

特定健診・保健指導が始まって7年目に突入。

健康な地域づくりの主体は、住民さん。

それを支えるのは、医療・保健専門職をはじめとした各ステークホルダ。

住民主体をエンパワメントするのは、誰の役割でしょうか。

誰もやらないのであれば、気づいた誰かがやればよいのです。

私も、頭を柔らかくしていきます。そう強く思いました。





怒涛の打ち合わせラッシュ。

松尾@くま健です。

昨日の枕崎市に引き続き、今日は熊本で打ち合わせラッシュ。合計6件。
すべて違う案件で、頭がショートしかけました(+o+)

枕崎市では、特定健診未受診者対策の打ち合わせや脳卒中プロジェクトについて議論。
少しずつではありますが、形になり始めていますので、出来うる限りの支援をしたいと思います。
市民の意識をどう変革するか。膝を突き合わせた議論を重ねていきたいと思います。

今日は、まぁ、さまざまな案件。
私自身のマネジメントを振り返るきっかけにもなりましたし、良い方向にとらえたいと思います。

さっ。ここというときのリーダーシップ!
やるぞ!

年度末!!

松尾@くま健です。

3月も残すところあと10日。
25年度事業のまとめだけではなく、新年度のグラント獲得や新規事業立案など、スケジュールはかっつかつです(+_+)

ただ、ここを精力的に乗り越えないと、次はありませんので!

さて、本日はケアマネとサービス事業所スタッフの皆さんを対象に、地域包括ケアに関する研修会の講師を務めさせていただきました。

地域の特性をいかした地域包括ケアシステムの構築は、2025年問題を前に(ただ、熊本のたくさんの自治体はすでに2025年問題に突入しています)必須であることは言うまでもありません。

ただ、「だれが」「いつ」「どこで」「どのようにして」といった基本的なことは、それぞれの地域特性に合わせて構築すべきです。絵に描いた餅は、地域にはなじみません。

そのお手伝いをすべく、日々駆け回っております!(^^)!

くま健は、健康なまちづくりをサポートします

次世代ヘルスケアand次世代リーダー

松尾@くま健です。

本当に久々のブログです。反省。
四十路の大台を目の前に、祖母はこの世を去ろうとしています。

72歳で、転倒骨折⇒退院後、脳梗塞発症⇒入院⇒要介護(在宅)⇒長期入院/入所・・・という日本全国でよく見るパターン。
私の起業の原動力は、祖母を元気にしたい、祖母のような方を元気にする社会を作りたい、というところです。

残念ながら祖母を元気にすることはできませんでした。
家族の介護力が圧倒的に不足していました。
脳梗塞発症後の、地域リハの体制を充実していれば、長期入院を防ぐことができたのでは、と後悔の念が私の原動力です。

地域で安心して暮らすことができる地域包括ケアシステムの構築は、医療ー介護ー行政ー地域が一体となって地域をデザインすることが必要です。

そのためには、コミュニティヘルスケアをデザインするリーダーが必要です。
そのリーダーには、成果主義のリーダーではなく、各プレーヤーの良さを引き出し、やる気を引き出し、目指すゴールに導くサーバントリーダーシップが求められる。

私もまだまだ×2×100ですが、自分の後ろの道を新たに切り開く次世代リーダーの育成を頑張らないといけませぬ。

そのためには、やはり語りまくらないといけませんね~

やる気スイッチ!




最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。