FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阿蘇市でアツく介護予防を語る

松尾@くま健です。

毎年恒例の職員さん向け介護予防に関する講話。
阿蘇市では、毎年恒例の事業開始に先立って、私の講話がビルドインされています。
内容は、各課連携のお話や保険者の抱える課題を、量的なデータ分析から説明し、何に力点を置いて事業を展開すべきなのか?施策の方向性もおさえながら、先を先を見た話になっています。
▷毎年のこの講話のために、毎年恒例の徹夜。。

今週は、事業プレゼンに、締め切りものの提出、フォーラムでのプレゼンも😨

大志を抱き、一つ一つクリアしよう!着実にd(^_^o)
スポンサーサイト

玉名市介護予防評価会議に行ってきました(*^^)v

松尾@くま健です。

本日は、玉名市で保険者・地域包括と介護給付費適正化について会議。
玉名市では、第4期介護保険事業計画(平成21~23年度)での85歳未満の新規認定者に、日常生活自立と判定された方が約20%。
そのほか、私が支援している保険者さんのデータを解析しても、ほぼ同程度。
その中で突出して新規認定者の中の日常生活自立の割合が低いのは○○市。
ここは、平成18年度より通年型介護予防事業、窓口対応強化を図っています。

この日常生活自立で介護認定を受ける方を「介護予防」を通じて、元気にして地域に循環させる仕組みを構築していかないと、要介護2以上の中重度認定者が増え、介護給付費の増加につながるわけであります。

玉名市は、今年で3事業年度目。
量的データ整理を終え、課題を抽出し、いよいよ介護予防サービスの質に切り込んでいきます。

目玉は「自立支援特化型」へのパラダイムシフト。
御用聞きケアマネからの脱却。

介護予防サービス全体の底上げにつながるように、松尾@くま健がんばります!
介護に一度足を突っ込んでも「元気になる」高齢者をたくさん増やすために!!

そのためには、くま健スタッフはトップランナーとして最先端の介護予防サービスを実践研究する必要があります。「これでよいのか?」「もっと良い方法はないのか?」という実践研究の原点に立ち返り、画一化されたプログラムに陥ることがないように頑張っていきたいものです♪

えいえいお~。

くま健は、介護給付費用適正化のコンサルタントです!

第2回介護予防カンファレンスを終えて(模擬)

松尾@くま健です。

昨日は、夕方から大牟田市へ(時間を間違えてすみません、、、秘書不在の弊害が、、、早く後任を見つけなければ)

先週に引き続き、模擬カンファレンス。
2事例について、30分のカンファ。30分で意見交換。×2。

先週の課題を見事にクリア(あと一歩ですが)
保険者の熱意が違いますね。見事に1週間で修正。

個人情報の関係があるので、詳細はお伝えできませんが、やはりプランナーの力量がクライアントの今後の生活を大きく左右するなと。右肩下がりの生活機能を指をくわえてただ耐え忍ぶのか、元気になるという行動変容を導くのか。

後者を具体的に進めていくために、環境調整の手法も含めて、さらなるスキルアップが求められますね!

私もやりがいあります!

終了後の懇親会も私に火をつけました。やるぞ~~~!

一度要支援に足を踏み入れても、元気な姿を取り戻す高齢者をたくさん育てる街をつくるために!


目を覆いたくなる光景(--〆)

松尾@くま健です。

今日は日曜日ですが、事務所でPCいじっています。
朝から燃焼系!ということで、自転車通勤。
朝食をとっていなかったので、べんとうの●○◎で朝定食を。

と、そこにツーリング?に行くような格好の4人組。
4人のうちの日とで女性の方(お母さんでしょうね)は、1歳未満児?と思われる子供を片腕でだっこして食事をとっていました。
なんとも微笑ましい光景。

私も一通り食事を済ませて、さあ燃焼系!と、外に出た瞬間とんでもない光景が。

さきほどの4人組が、出口付近でモクモクと煙草を。

この分煙が叫ばれる中、出入り口に灰皿を置いて喫煙コーナーを作る会社はなんだ???という感じもします。

しっかりと先ほどの赤ちゃんも抱いているので、「いかんよ!あかちゃんに副流煙吸わせたら!なんばしようとや?このばかちんが(金八先生風)」と、心の中で怒りながら、煙の中を通り過ぎようとしたその瞬間!

なんと!お母さんは赤ちゃん片手に「たばこばすいよんしゃる!!」

「きさん、なんばしようとや、くらすぞ、このばかおやが」と怒ったときに出てくる博多弁が・・・心の中で。

このあかちゃんもきっとタバコ吸うんだろうな。。。。。

このあかちゃんは早くに咽頭癌になるんだろうか?いや肺がん??

こどもは親を選べません。

ライフスタイルは本人の意識よりも環境の影響が強く働きます。

「あなたにこどもの健康を害していい権利はない!」(もちろんこの母親に物申す権利もありませんが。

やはりいずれはくま健も母子健診に参画しよう!と心に強く誓いました。

こんなかわいそうな子供を一人でも多く減らすために。

「なんばしようとや?あんたのこどもやろうもん。こどもの健康を親が守ってやらんでどぎゃんするとや?」汚い博多弁ですみません。が、怒っているのです!公衆衛生の実践研究者は!!

パートナーシップ!!

松尾@くま健です。

今日は、パートナーシップについて考えさせられる日でした。
くま健のミッションは、住民さんのエンパワメントだけではなく、地域エンパワメント、行政職員のエンパワメントも、と考えて取り組んできました。
くま健も、住民さんに支えられながら(パワーを頂きながら)今日まで頑張ってきました。
行政との関係も、対等なパートナーシップのもとで円滑に進めてきました。が、今日は。。。

いろいろありますねーーーー。
前を向いていきましょう!
お互いが補完し合って、お互いを高めあうような関係の構築。言葉では簡単ですが。

私もコーディネーターとして、まだまだ力量不足です。
これくらいで頭に血が昇っていては。反省。

明日は、阿蘇!

本気!

松尾@くま健です。

今日は、介護予防ケアカンファレンスの模擬にアドバイザーとして参加してきました。
参加者は50名程度。
住み慣れた地域で暮らし続けるために、医療と介護の連携強化、予防の重視は必須です。
今まで、思ったような成果がされているとはいい難い予防サービス。それは、サービス事業所のみにその責任があるのではなく、CMにのみ責任があるわけではないと思います。
それぞれの役割を十分に果たすことができる『仕組み』が必要と考えます。
その仕組みの一つとして、介護予防ケアカンファレンスは非常に重要な位置を占めています。
まだまだ取り組み保険者は少ないですが、これからのキラーコンテンツになるでしょう。
その支援ができれば、私もやりがいがあります。
3年間の取り組みが評価されるように、本気の保険者さんと本気のくま健でエンパワメントして行きたいと思います!
くま健は、介護予防のコンサルタントですd(^_^o)

5月1日になりました。

松尾@くま健です。

本日は、午前中に中央区役所に打ち合わせに。
区役所になって、はじめて行きました。お引っ越しもされてましたね。

担当者に、丁寧に丁寧に対応いただき、うえきモデルの御相談を。
今年度は、北区の取り組みとして対象エリア拡大できるように、連携体のプレーヤーも増やしていかなくてはなりません(コーディネートが大変そうですが)。北区の予防医学に熱心な先生方とたくさんつながることができれば、北区のテーマでもある(今日の熊日にありました)「健康」のまちづくりに貢献できるかなと。
今年も汗をかこう、と思います!

午後からは、ウエッキーの理事長に会いに。
ショッピングプラザと連携し始めて、今年で4年目。
理事長も、ショッピングセンターがコミュニティ機能を果たす必要があることは、十分に理解していただいているので、話が早い!
今年も面白い事業ができそう(●^o^●)

熊本市植木町だけでもいろんなプレーヤーと繋がりながら、事業体として、新たなサービスを生み出す。
ここが医商連携のだいご味ですね??

失敗も糧にしながら、前に進むのみ!前進あるのみで行きます!

くま健は、医商連携まちづくりのプランナーです★
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。