FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医療生活産業への道を開く

松尾@くま健です。

今日は、くま健の小ボケ先生もといクールビューティー平田くんと一緒に東京へ。

朝一の飛行機に乗り、バタバタとJRを乗り継ぎ、たどり着いたところは東京霞が関。

今日は経済産業省本館に行ってきました。厳重な入館管理に驚き、建物の大きさに驚きといった感じで、おどおどしながら会場入り。

ヒアリングが始まったら、それまでどことなく曇っていた視界がパッと明るくなった(ブルースウイリスの頭のように)ように、私の頭の中も整理されていきました。

今日は本当にエンパワメントされました。本省のみなさんに感謝感謝です。

ますますやる気と知恵を充填して、熊本に帰り早速動きました♪

えいえいお=
スポンサーサイト

糖尿病患者向け温泉保養プログラム!

松尾@くま健です。

今日は、植木地域の温泉施設で糖尿病患者を対象にした温泉保養プログラムを実施しました。

この事業は、経産省医療介護周辺サービス産業創出調査事業の一環として、温泉旅館さんとくま健スタッフで練り込んだ糖尿病患者向けの日帰り温泉保養プログラムを開発し、モニターの方々に利用していただくというものです。

実は、糖尿病患者向けの温泉の入り方というものもございまして(知りたい方は次回ご参加ください)、食と休養とちょっとした運動で、しっかり血糖をコントロール?していただくコツをつかみつつ、地元温泉を楽しんでいただきました。

なかなか温泉地には地元の方はいかないようですが、このような健康志向型プログラムの導入により、地域の中で人とお金が動く仕組みが構築できればと日々頭を使っているところです。

また、せっかくいいものを作り出したとしても、顧客ニーズにあっていなければ、ビジネスとして成立しません。

医療と連携して、新たなサービスの仕組みをこの植木町で構築するべく、日々くま健悪戦苦闘しております(*^_^*)

連携しているパワーパートナーの弁当業者さんが「生みの苦しみ」と表現してくださいます。

医療と地域産業がマッチングすれば、どんなエネルギーを生み出すのだろうかとわくわくしながらも、今はしっかりと課題を整理して、来るべくソーシャルビジネス化に向けて、しっかり帆を勧めたいと思います。

医療生活産業くま健丸(?)えいえいおー

また、今日は午後からドクターのインタビューでした。

これまたわくわくする内容でした。

私たちのスピードで物事を考えるので、遅々として進まないことに頭を抱えることもありますが、着々と課題が整理されて、理念共有が図られていることは間違いない?(⇒まだまだてこ入れが必要です)ので、あきらめずに頑張りたいと思います。

くま健は、医療生活産業の地域コーディネーターです。

九州ソーシャルビジネス支援会議2011に行ってきました!

松尾@くま健です。

土曜日に宮崎県川南町(口蹄疫で一躍全国区になりました・・)で開催された九州ソーシャルビジネス促進会議2011に、井上室長と4月から採用予定の2名をひきつれて、参加してきました。

基調講演に、パネリストのトーク、SBコンテストなど実に内容盛りだくさんの会議で、非常に満足度が高かったです。

また、そこでいろいろな方に出会うことができ、私たちの視野も広がりました。

問題は、如何にエンドユーザーに商品を届けるか(購入していただけるか)というマーケティングの部分を強化しなくてはならないなと強く感じました。が、CB、SBの領域では、地域におけるネットワークがマーケティングを強化するなとプレゼンを聞いていて感じました。

私たちのうえきモデルも、地域のみなさんに認知されて、地域の皆さんに愛されるサービスになるために、さらに強化すべき内容が見えた1日でもありました。

片道3時間かけて車を飛ばして参加した甲斐がありました♪

来週は、ヒアリングも控えています!

さらにパワーアップして挑みたいと思います(*^_^*)

やってみせて、言って聞かせて、やらせてみて、 ほめてやらねば人は動かじ

松尾@くま健です。

やってみせて、言って聞かせて、やらせてみて、 ほめてやらねば人は動かじ。
話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。
やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。

1.モデルの提示
2.分節化+言語化
3.体験
4.客体化

という一連の流れが人を育てる。

くま健の中堅社員もずいぶん成長してきました(ように感じますが)。

ここまで来るのにずいぶんな時間を要しましたが、着実に人材が育っていることを実感します。

今日は、とにかく主観的意見でトラブルについて、必死にアピールされるパートさんのお相手をしました。

私もまだまだだなと思いました。まったく建設的なお話ができませんでした。

誰かに認めてもらいたかったのでしょうね。

その前に、相手に敬意を示さないと。

いい人材が育っている半面、人事での憂鬱はなかなか消えません。

今朝は胸痛が・・・狭心症?ひょっとして十二指腸潰瘍だったりして。。

そういえば、年明けこの2週間人事トラブルが続発。

これも大所帯を取りまとめるボスの宿命なんでしょうね。。

さて、話を変わって。

昨日は、東京の新聞記者さんと1日医療生活産業について熱く語りました。(夜の座和民でも)

語るとモチベーションがグーンとアップします。

新聞記者さんと、DMうえきモデルでお世話になっているドクターの取材にも。

先生はやはり予防医学に熱心です。

そのお手伝いができれば。

あれよあれよともうDMうえきモデルもまとめの段階です。

課題は見えました。解決策も道筋が見えたように感じます。

あとは、ドクターと一緒にDM管理の成功体験を積むことが、一番です。一歩一歩。

くま健が、糖尿病という社会的課題に貢献できるように。DMうえきモデルをビジネスモデルとして稼働させるべく、まだまだ汗をかきます!くま健はやります!


黙禱

松尾@くま健です。

昨年の経産省地域総合健康サービス創出事業、今年度の医療介護周辺サービス創出調査事業でお世話になった開原先生がお亡くなりになられました。

開原先生には推進委員会を通して様々な学びをいただきました。

プレゼンの際に、くま健に興味を持っていただき、学生ベンチャーでちゃんと経営できているのか?と聞かれたことを今でも覚えています。また、たくさんやらずに内容を絞りなさいと指導を受けたことも覚えております。

謹んでご冥福をお祈りいたします。

先生の遺志を継ぎ、医療生活産業の創出に向けて、くま健は地域から情報発信していきたいと思います。

2011年くま健です(*^_^*)

松尾@くま健です。

新年明けましておめでとうございます(^u^)

今年もくま健の猛獣使いとして、O沢並みの剛腕(?)を振るっていきたいと思います。

今日は、ソーシャルビジネスの立ち上げを支援してくださっている大学の先生のところにお邪魔して、いろいろとお話をしてきました。

いつもバイタリティあふれる先生ではありますが、今日は一層パワフルでした★

私も負けないように、+オーラを発揮していかなくてはなりませんね。

一緒にいると、勇気がわいてくる人。一緒にいると、なんだかいけそうな気がする人(I室長の○ネタより引用)。一緒に仕事とすると、なんでもできそうな気になる人。私も、そんなエンパワメントできる支援者になりたいものです。

植木のソーシャルビジネスで、新たに職員雇用等もしましたが、やはりわかりあうまでに時間を要しますね。
「働く」というスタンスをどう取るかはその人次第でしょうが、明らかに組織の中で働くということの意識が欠落している人もいるわけです。そういう環境で仕事をしてきたので当たり前というところでしょうか。
しかし、郷に入れば郷に従え、といいますか、くま健は相互に助け合いながら働くという、くま健ルールがあるわけです。

いかん。また、愚痴。

こういうケースに対応していると、私もパワーレスになって行くわけですね。

しかし!!昨日の新年会で、主要メンバーとファミレスでハイボール片手に熱く語って、充電されています!

山あり谷ありのくま健づくりですが、がんばります!!

くま健は、他にない会社づくりを目指しています(K室長のパクリ)



最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。