FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪府寝屋川市議員視察対応!

松尾@くま健です。

昨日の東京出張に引き続き、今日は公衆衛生学会なのですが、、、午前中に議員さんの視察対応をしてきました(初体験!)大阪の寝屋川市の議員さん方に「うえきモデル」の説明をしてきました(^u^)

議員さんの中にアカデミックな方がいらっしゃったのはびっくりましたが(^u^)
ソーシャルアントレプレナーとしての姿勢とくま健マインドをしっかり示してきました!!

「NPOではなくて、株式会社なのか?」という意見も頂きましたが、NPOだから公益性が担保されるというわけではありませんし、株式会社であるため利益追求というわけではないとも考えます。

ソーシャルビジネスの主体にも株式会社は位置付けられてしかるべきですし、くま健はもともと利益追求型の企業体ではありませんから・・・。

まあまあ、ちょいと熱くなりましたが、まだまだ企業に対する市民の見方はそんなものなんだなと。
私は地域密着型の事業形態を追求していますので、第3の公共としての軸を担うことも可能かと考えます。

地域住民の皆さんと一緒になって「うえきモデル」をバージョンアップしていきたいと思います(*^_^*)

くまけんはやるぞ!!
スポンサーサイト

人生山あり谷あり

松尾@くま健です

今日は、尊敬する日赤川島さんと東京の会議(ワーキンググループ)に行ってきました

行き帰りでかなりたくさんのアイディアと仕掛けが浮かんで、連日の不眠不休で疲れきっていましたが、パワーが沸いてきました

また、会議で他のコンソの取り組みを拝聴して、ますますやらねば!と気合いをためました

ですが、帰ってくるなり、パワーダウンすることが
これも私に与えられた試練なのでしょう。。

本当に山あり谷あり。今日は、まるでジェットコースター。

明日は明日の風が吹くので寝ます

奄美大島へ届け!!

松尾@くま健です。

私が魅せられた奄美大島が大変な状況にあります
島の方や役場の方々のことを思うと心ここに有らずです

魅せられたマングローブも

講演に行った龍郷町では、ライフラインが分断されて、まだ報道にのらない惨事があるといいます

龍郷町のみなさんには、奄美大島を紹介いただき、私と同姓の松尾さんも奄美大島の良さを教えていただきました。龍郷町は大部分が被害にあわれているということ。気が気でなりません。

私にできることと言えば、エールをおくること

熊本から気合いを入れてやってやれないことはない!気合いです倒れるときは前向きに倒れましょう!

なんでやねん

松尾@くま健です。

この大事な時期に。この恐ろしい来週を迎える前に。。風邪らしき兆候が。。
今月頭に風邪をひいたので、もう大丈夫と思いきや、、、抵抗力が落ちているのでしょうか・・・。
確かに、事務所の簡易ベットで寝たのがいけなかったのか。。。最近のトラブルでの疲れか。。

なんでやねん!って感じです。手洗い、うがいはしっかりやってましたが。

土曜日は医師会セミナー、日曜日はヘルスツーリズム、月曜日は、、、、、。火曜日は東京日帰り。水曜日は視察対応を終えていざ学会へ(発表PP作らねば。。くま健の中羊のために)

今はぶっ倒れている場合ではない!!!!!!なんでやねんって感じです。

わがジャイアンツがケチョンケチョンに負けました。ホークスはまた負けるし。

今は風向きが悪いのでしょうかね。(周囲でもよからぬことが続発。。。決まりかていた総務に辞退・・)

風向きは、体位を反対に向ければ追い風になります。

ということで反対を向こうか、このまま風上に立って突っ走るか。

いかんいかん!!!!

いかんいかん!!!!

後ろ向きは良くない!倒れるときは前を見て倒れるべし。

えいえいおー

健全な肉体に健全な精神は宿る

松尾@くま健です

約一ヶ月ぶりに運動公園を走ってきました

最近身の回りが慌ただしいので、気分転換をかねて
先日、うつの経済損失の試算が出ていたり、労災認定の加速化などの記事を読みました

職場環境として改善の必要性があるのは重々承知していますが、職場側だけの取り組みでどうにかなるのか?と考えてしまいます

よく車の両輪なんてことをいいますが、片方だけをパンク修理しても、もう片方もパンクするわけです。

あくまで双方の取り組み改善が必要ですね。

私は、適度に運動する機会を確保し、野菜をたくさん食べる機会を頻繁に、くま健スタッフと飲みにケーションして夢を語り、できるだけ徹夜しないようにして、、、健全な精神状態を守ります!

今から月例ミーティングです

うつは予防ができます!うつは治ります!メンタルヘルスは今後の課題ですがんばりまっす

福岡へ健康長寿関連産業研究会に行ってきました

松尾@くま健です。

昨日は、お昼から私の故郷「福岡」へ、研究会に行ってきました。
今年度標記委員会の委員に任命され、健康サービスについて議論させていただくことになりました。

さまざまな委員の方々の意見を拝聴していると、私のイメージも膨らみ、また新しいアイディアが浮かびました♪

今回の福岡行きには2つの楽しみがありました。

1つは、カルナプロジェクトの九州大学中島先生に挨拶できる機会ができたこと。(名刺交換させていただきました。すっぽんのようにくらいついていろいろ教えていただきたい!という願望)

2つは、福岡の専門学校の先生とのお食事会です(いやぁ、非常に有意義でした。異業種のモチベーションの高い方と時間を過ごすとエンパワメントされます!)

福岡を満喫した1日でした。

現実に帰り、たまりにたまっている分析等を進めます((+_+))

やってやれないことはない!!よしっ!

嘉島町介護予防サポーター&宇城市ヘルスアップセミナーにて

松尾@くま健です。

今日は1日外回りの日でした★
2010101310130000.jpg
午前中は嘉島町へ~。介護予防サポーター養成講座のまとめでした♪
介護予防サポーター養成講座には極意があるのです(企業秘密)。そこんじょそこらの方がでは、くま健の住民ボランティア育成スキルには太刀打ちできないですね(井の中の蛙)。ですが、この養成事業。本当に核心を理解していないと、痛い目に。
2010101311230000.jpg
ただ、体操をやってもらうお手伝いさんとして考えるとやけどします。

ここはくま健に一日の長がありますね♪

午後からは、宇城市のヘルスアップセミナー(食改さんの養成講座)。
2010101314250000.jpg
これまた私の得意分野。
ただ運動を楽しく指導する運動指導士は、スポーツインストラクターさんで十分(失礼な言い回しかもしれませんが?私も①インストラクターでしたが目覚めました)です。

ヘルスプロモーション活動の中での運動指導士の立ち位置を常に意識しながら、スタッフの育成に努めています★

本当に今日は久々の現場DAYでした。

やっぱり現場が楽しい!!

くま健は、地域の健康づくりボランティアコーディネーターです★

介護予防普及啓発でサロンまわり♪

松尾@くま健です。

今日は、菊陽町のサロンに行ってきました(管理栄養士の卵さん3名をひきつれて・・・)

今日のサロンは、菊陽町下津久礼公民館で。いやぁ、バリアフリーのきれいな公民館でした(拠点整備事業の活用でしょうか)。

話は変わりまして、今日はインターンシップの3名を連れて行ったので、いつものごとく行きの車の中で「お題」を出しました(*^_^*)

「考える力」は仕事をするうえで非常に大切です。
今日何気に見た記事では、新聞の記事の内容をそのままに受け取るのではなく、その裏側にあることを考える癖をつけると飛躍的に力が伸びると。⇒その通りですね。

物事の背景を読み取る力、読み抜く力。

話を高齢者の介護予防意識にうつします。

平成18年度介護保険制度改正より強化された介護予防。

高齢者の皆さまに介護予防を意識した生活を送ってもらうためには、、、、、「なぜ必要なの?」「どういう意味があるの?」という方法論のみではなく、単刀直入にストレートをど真ん中に投げ込むことも必要!?

私もいろんなボールを投げられるようにまだまだ訓練しようっと。

日本のエース、ダルビッシュ選手は実に多彩な球種を持ってます。それもたゆまぬ日ごろの努力のたまものなんでしょうね!

私も介護予防のスペシャリストを目指して!くま健の話を聞くと元気をもらえるといっていただけるようなスピーチ力を身につけるべく、日々精進したいと思います♪

えいえいおー

くま健山合宿2010

松尾@くま健です。

10/10.11で毎年恒例の山合宿に行ってきました(*^_^*)
「運動して、食べて、飲んで、アクティブに」2日間を過ごしました♪

2010101110050000.jpg

私が学生の時から利用させてもらっている施設で、知的障害をお持ちの方々の授産施設でもあります。

なんといっても福祉工場で取れた新鮮な野菜!今年もねぎと玉ねぎ、ピーマンをいやというほど食べました。

そして、夜の懇親会♪

今年の新入社員は芸達者な方が多い。

2010101023070000.jpg

これは誰なんでしょう。。。

去年は疲労困憊のピークで不覚にも先に眠り込んでしまいましたので、今年は気合を入れて目をあけて、くま健スタッフのみんなと語り合いました(途中の○○ゲームが中だるみでしたでしょうか・・・)

ソーシャルビジネスは山登りと一緒です。
みんなで支えあって、山あり谷ありのくま健づくりを続けていきたいと思います(*^_^*)

くま健は、お互いに高めあう会社づくりを推進しています♪

新たな仕組みを創る

松尾@くま健です。

昨日は、熊本商工会議所主催の経済講演会に足を運んできました。時間の許す限り、いろいろな方のお話を聞く機会が有る時は足を運んで勉強するようにしています。

また、くま健の幹部候補も参加してもらって、経営感覚を養う(?)目的もありました。

私たちの業態(世間では、コメディカルスタッフ、健康サービス業、などと言います。経済産業省は、新成長戦略の中で「医療生活産業」と命名しています)は、一見ビジネスとは縁遠いようにも思いがちですが、従事者一人ひとりが経営感覚(経営資源はヒト・モノ・カネ・情報)を持って業務に当たれば、作業効率は飛躍的に伸びると考えています。

日々繰り返されるルーティンを、「こなす」だけではそれから先はうまれませんね(→くま健スタッフには口を酸っぱくして)。「どうやれば作業効率が上がるか?」「どうやれば成果が上がるか?」などを考えながら日々の住民さんとの出会いや業務遂行にあたっていれば、おのずと成長出来ることでしょう。

その為には「新しい仕組み」を自ら探求していく探究心が、求められるのでしょうね!今日の講演を拝聴して、ますますその思いが強くなりました。

問題は、その探究心をいかに引き出すか?
さかのぼると「課題解決型学習」という基礎教育にたどり着きます。

とまあ、話が難しくなりましたが、要は正社員でも、嘱託職員でも、パートタイムでも「いかに作業効率をあげるか?」という探究心を植え付ける新たな仕組みの構築が必要の様です。

「パートだからここまではしなくてよい」「嘱託なのになぜここまでやらなければならないの?」など不平不満を知らず知らず言っている方に、一言。

と言いたいところですがやめておきます。愚痴からは何も生まれません。どうすればよくなるのかを一緒に考える探究心を持っていただきたいものです。権利と義務の調和の為に。

人吉市介護予防事業打ち合わせにて

松尾@くま健です。

今日は午前中から人吉へ行ってきました★

人吉市は平成18年度から介護予防評価事業など先進的な取り組みで、コンサルとしてかかわらせていただいています。

地域支援事業の基盤整備は、現課長さんのやる気と行動力と比例して、県内でもトップクラスなんです♪
が、、、、、、、予防給付は県内ワースト1位をいつも争っている現状でございまして、、、、

何とか知恵を絞って、あの手この手を考えていますが、目に見える効果が出ていないのが現状です。。。

ただ、事業所の皆さまの中にも、熱意を持って予防事業に取り組んでいらっしゃる事業所の多くなってきて、きっと予防給付の成果も上がって行くものと信じて、知恵を絞った支援をしていきたいと思います(^v^)

くま健は、介護予防事業のコンサルタントです☆

生活支援サービス made in うえき にむけて

松尾@くま健です。

昨日は、協同組合の皆さまと、糖尿病を基礎疾患に持つ高齢者の生活支援サービスの創造に向けて協議を行いました。
経済産業省も、大規模店舗の出店規制の必要性を表明したように、ショッピングモール等の出店は一時的に地域の雇用を創出しますが、株式会社である以上、合理化の大義名分の下、地域は切り捨てられていく傾向にあります。
大型店が出店すれば、当然地域の商店街は疲弊します。大型店が撤退すれば元のにぎわいを取り戻すかといえば。。。。ということで、やはり地域の買い物は地域のショッピングセンターや商店街が担い、ゴーイングコンサーン(継続性が担保されたもの)でなければ被害をこうむるのは、中山間地域をはじめとして地方の高齢者の皆さまです(⇒買い物難民とはよく言ったものです)

そこで、私たちは地域の中核を担うウエッキーさんと知恵を絞りだして、植木町民ひいては熊本市北区(仮称)の市民の方のために、今から地域でできることを考えていきたいと思っています。

この取り組みがきっと地域の財産になり、Made in うえき の生活支援サービスが熊本市北区ひいては熊本県周辺都市・中山間地域の標準サービスになるように、がんばりたいと思います!!

今知恵を絞って「どうやったら実現できるか」を地域の皆さんと一緒に考えることがイノベーションにつながり、地域住民へのサービス向上につながることを夢見て(*^_^*)

気合充填完了!今日もはりきって行きます!

悔しくて悔しくて

松尾@くま健です。
ちょいとアツいお話。物事に表と裏があることは理解していますし、経営者である以上、たとえ裏でもやり抜かなくてはならないときがあることは理解しているつもりでしたただ、そんな上のレベルで冷めた議論がなされ(→議論すらされていないのかも?)、政治的に生まれた絵空事に私たちは、愚直なまでに一生懸命課題に取り組んでいます。私たちのミッションは、健康な地域づくりであり、コミュニティエンパワメントですそこにたくさんのエネルギーと鍛え上げたくま健スタッフを注入してきましたただ、乗っかっているのは国レベルの施策であり、掌で踊らされているということになるのでしょうか。。
確かに昨年度も温度差を感じつつも、健康サービス産業の振興に真摯に取り組んできました
今までは、保健と介護(福祉)の縦割りを打破すべく私は役割を担ってきました→当然、まだまだ志半ばで、これからの課題にもなります。ただ、くま健のようなエネルギッシュなプレイヤーがドカドカと上がり込むことによって、明らかに前進する手応えを感じています
しかし、産業振興と保健福祉の縦割りを打破するようなソーシャルビジネスの振興には双方の歩みよりが必要であって、現在の仕組みでは困難な部分がたくさんあるような気がしてなりません
私たちには国レベルで訴える力もなければ実績もありませんひも付きの補助金制度である以上、井の中の蛙ではいけません最初から全否定された?かもしれませんが、うえき発、くまもと発で地域の成功事例を生み出し、必ずやこのミッションをやり抜きたいと思います

「いいことばかりではなく、わるいことも書き残す」ようにしました。この悔しさをバネに、無理だ、と言われたソーシャルビジネスを実現させてみせます。

室長!主任!ひらっちゃん!やるぞっ!

糖尿病重症化予防「うえきモデル」第一回事業推進検討会議!

松尾@くま健です

十月四日に糖尿病重症化予防「うえきモデル」(→うえきモデルⅡと命名)の第一回事業推進検討会議を行いました医師会長先生を始め、委員の先生方、参加団体、協力団体、事務局の総勢名の会議になりました

この事業は、今年度くま健が代表団体として受託した経済産業省医療・介護周辺サービス産業創出調査事業のキックオフミーティングになります

欠席もありましたが、参加者の皆さまから前向きな意見をいただき、気合いが入りました特に、医療機関の先生からは、うえきモデルへの期待と叱咤激励をいただき、エンパワメントされました
このような先生方と一緒にお仕事できることをありがたく感じながら、医療と地域産業を繋いでいきたいと思います

食いしん坊万歳の竹永主任とアナウンサー顔負けの名司会の片鱗を発揮した成長著しい平田くんと医療機関の先生に、うえきモデルを認知していただく取り組みに汗をかき、ママチャリパワー全開の総務に脇を固めてもらいながら、まさに体当たりで医療機関と地域のポテンシャルを秘めた事業者を繋ぎ、新たな雇用を創出できるように頑張りたいと思います

くま健は、糖尿病重症化予防のコーディネーターです

追記→県を通じてプレスリリースさせていただいたのに、記者は、、、。なんといろいろな噂飛び交う国会議員の強制起訴が決まり、政治・経済担当記者は全部そっちにいってしまったとか国民の生活が一番???見事に水をさされてしまったかも。だが負けません!

熊本県市町村介護予防研修会!!

松尾@くまけんです。

昨日は、県庁の研修会にいってきました

この事業は、くま健一年目から受託させていただいていて、くま健の歴史ともリンクしますちなみに、我が息子健人くんの生まれたときからの事業で、ちびちゃんの写真と一緒に、毎年「ご成長ありがとうございました」でしめています
さて、今回は、阿蘇市と山江村の保健師サンに事業紹介いただきました

山江村さんは、保健衛生と介護が同じテーブルについて議論をし、介護予防ファイルの運用をはじめとした介護予防事業体制を構築しようとしておられます。私もコンサルとして、側面支援させていただいてます
阿蘇市は、私がずっとあたためてきた自治体サンで、地域密着型の隅々に行き届いた被保険者へのサービス提供体制の構築を五年間かけて実施してきており、来年は更なるブラッシュアップを行います

その他、いろいろな保険者サンを支援させていただいていますが、どこひとつとっても同じ形はありません量的・質的調査から課題分析を行い、地域特性に応じた効果的・効率的な介護予防事業体制をご提案し、自治体の皆さまと協働で、地域の高齢者の皆さまの健康寿命の延伸に貢献いたします→パワフルなくま健スタッフとともに

くま健は、地域密着型介護予防・生活支援サービスのプランナーです

第五期介護保険事業計画作成支援にも着手します

元気が出るデイサービス事業が事業所指定を受けました!!

松尾@くま健です。

昨晩に続き、ブログ精神に火がついて2本目(今日はまだ0:20・・・)

※なぜ火が付いたかというと、、、、いつもくま健スタッフにブログの重要性を説いてきたのですが、馬の耳に念仏で(特にエリア【怒】)、が、しかし!最近はくま健スタッフから熱心にブログを更新して皆さまに情報を発信しようとしている姿に、少しうれしくなりまして(*^_^*)
まだまだ文章は稚拙ですが、、、

自発性を引き出すという視点を、見失っていたのかもしれませんね。反省。

さて、本日10/1付で、通所介護(予防通所介護)事業所指定を受けました!!!!!
これまで、評価事業等を通してさんざん介護予防事業の現状の問題点を目の当たりにしてきたのですが、いよいよ私も立ち上がり、リーディング企業として、「高齢者を元気にするデイサービス事業所」の事業展開を始めます(*^_^*)

起業家の皆さまからは、「なぜもうからない介護事業・・・」とおしかりを受けもしましたが、儲かる儲からないではなく、何をやるかが大事で、それに食べていけるお金がついてくればよいのです★

全体像をまだ皆さんにお伝えすることはできませんが、、そのうち(*^_^*)

くま健は、ライフイノベーションを推進するソーシャルアントプレナーです!

介護予防普及啓発について考える

松尾@くま健です。

毎年恒例??(⇒平成18年度から今年で5年目の事業となります)の市町村介護予防事業のデータ分析に没頭しております。今年は心強い研究員がついてくれていますので、2人で分担しながらアカデミックな分析を行っております。

毎年、エンパワメントの基本は共感に基づくネットワーク化ということで「地域差指数」をいろいろと算出します。今年は、年齢階級ごとにデータを出していたできました(⇒市町村のみなさんありがとうございました)ので、標準化認定比による地域差指数の算出を試みてマッピングまで終えました★

今日は、午前中に菊陽町のサロンに行ってきましたが、やはりこのような草の根的な活動と高齢者自身の行動変容を促すようなエンパワメント技術を、支援者の皆さまが身につけて、高齢者の健康づくりの環境整備ができるようにくま健も走り回らなければならないなと、改めて思いました。

量的データ分析から見える課題と、実際に地域を回った際に見えてくる課題は若干ずれている場合もありますが、机上の空論にならないように、しっかりと実践研究を積んでいきたいと思いました♪

くま健は、介護予防事業のプランナーです♪♪

ソーシャルビジネスプラン進行中!!

松尾@くま健です。

ブログ精神に火が付き、本日2つ目の更新です(現在2:20・・・)

今日は、8月より協議をしてきた中心市街地活性化とソーシャルビジネスプランをミックスしたくま健事業の打ち合わせの第2ステップでした。

今までは、商店街組合の皆さまや、自治体の皆さまと個別に協議させていただいていましたが、今日は一同に会して(関係者すべてではありませんが)、今後の事業の流れを説明し、合意形成をさせていただきました(^u^)

ソーシャルビジネスとは、環境や貧困問題など様々な社会的課題に向き合い、ビジネスを通じて解決していこうとする活動の総称です(METI定義)。社会性(⇒現在解決が求められる社会的課題に取り組むことを事業活動のミッションとすること)・事業性(⇒ミッションをビジネスの形に表し、継続的に事業活動を進めていくこと)・革新性(⇒新しい社会的商品・サービスや、それを提供するための仕組みを開発したり、活用したりすること。また、その活動が社会に広がることを通して、新しい社会的価値を創出すること)が備わっている必要があり、今後期待されているソーシャルビジネスの分野は「医療・介護・福祉・子育て」が上位を占めています。

今、熊本県○○で(事業が決定したのち地域名は公開します)くま健が推進しようとしているソーシャルビジネスは、まさしく「医療・介護・福祉・子育て」の課題を中心市街地活性化をミックスしながら推進していこうとする画期的なビジネスモデルです(*^_^*)本当に自信あり!

ただ、福祉領域の生活課題をビジネスというと、現在の自治体の仕組みでは各課を横断的に連結させる必要があります。今回のフィールドでは、その連結が比較的スムーズにいくように自治体の皆さまも知恵を絞っていただいています。

行政の縦割りの隙間に落ちている住民は、地域にたくさんいらっしゃいます。くま健が接着剤となって行政をつなぎ、商業者をつなぎ、人と人をつないで、中心市街地の活性化に取り組みたいと思います。

くま健はやります!

METI医療・介護周辺サービス産業創出調査事業第1回事業推進会議in東京三菱総研

松尾@くま健です。

東京に行って不覚にも風邪をひきました。。この忙しいときに。。

気を取り直して。

9/28に、平田くんと一緒に、METI医療・介護周辺サービス産業創出調査事業の第1回事業推進会議に参加してきました!

くま健は、昨年のMETI地域総合健康サービス創出事業「うえきモデル」に引き続き、今年度は糖尿病重症化予防「うえきモデル」に取り組むことになりました。

今回は採択団体が全部集まり、それぞれの事業概要を発表し、委員の先生方から質疑を受けるという流れで約4.5時間。時間はあっという間に過ぎました。各コンソの提案内容が魅力的で、今すぐにでも熊本で取り組みたいという内容がズラリでした(^u^)

この事業は、新成長戦略にビルトインされていて、来る平成24年度の診療報酬・介護報酬のダブル改定に伴う規制改革による医療生活産業の創出を目指すもので、非常に注目度の高い事業といえます。

集まったコンソも日本の名だたるシンクタンクや大学!そんな中にくま健がポツリと。
場違いな感じもしますが、昨年度の実績をひっさげ、やる気と行動力でエンジン全開といきたいところです。

推進会議の後は、懇親会があり、昨年度も一緒の採択団体だったコナミの方や日立の方、沖縄の方等「昨年度は○○だったですね」などなど懐かしい再会でした。

私は、この医療生活産業は大企業が独占的に大儲けするようなビジネスモデルは存在しないと考えています(やろうと思えばできますでしょうけど)。それよりもこのサービス創出モデルが全国展開し、雇用が生まれるとともに、医療サービスを補完することによって患者QOLが向上することに力点を置いたソーシャルビジネスとしての展開がよいと考えています。

懇親会が終わったあとは、平田くんを引き連れ、今回の一番の楽しみの昨年度お世話になったコンサルの方に再会しました!この方に見出されて、くま健は世に出していただいたと思っています。その方は、私にソーシャルビジネスを授け、中山間地域の健康づくりや生活支援サービスについて気づきを与えてくださった方です。
改めて私の父親のような方ですし、恩人です。

このようないろいろな知見をお持ちの方々に支援していただき、くま健はここまでやっているのだと本当に思います。大学研究者の先生方、自治体関係者の皆さま、同業者の方々、などいろいろな方に支えられて今の自分とくま健があるのです。それは忘れないように。

そして、その方から言われました「これからの取り組みの中でいいことも悪いこともブログにまとめていきなさい」「後で振り返って一冊の本になる」と。

私の心に火が付きました(⇒去年もこうやって幾度となく火をつけていただいたのです)

確かに、これまでは臭いものにはふたをしろではありませんが、公開される情報に不利益を被ると考えることは一切載せていない現状がありました。美化していたということでしょうか。

もちろん個人情報等様々な問題がありますが、私が感じた様々な矛盾点や成功体験、失敗体験をブログにつづっていきたいと思います。いい時もあれば悪い時もある!!

ソーシャルアントプレナーとして、地域の課題解決に向けて頑張りたいと思います!!

くま健は、熊本県のソーシャルビジネスをリードするリーディングカンパニーになります!
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。