FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くま健が1歳になりました

松尾@くまもと健康支援研究所です。

昨日は、くま健1歳を記念して、忘年会を開きました
協業先の皆さんや、日ごろお世話になっている皆さんにも参加いただき盛大な会となりました。
一人また一人とくま健ファミリーが増えていって、ヘルスプロモーションの輪が広がっていけばいいなと強く思った一日でした。

2年目のくま健はどんな年になるのでしょうか
くまもとの健康づくりを支援するというビジョンをより明確にし、ファミリー企業を目指していきたいと思います(*^_^*)





スポンサーサイト

今年もいよいよ・・・

竹永@くま健です。
残すところ今年も5日となりました。

研究所でも、1年の埃と塵を掃うべく、大掃除をしました。
20071226151343.jpg


20071226151250.jpg



本当に、あっという間に過ぎた一年でしたが、充実した1年でした。
たくさんの人々と出会い、はじめての経験で、自分自身、戸惑うことが多かったですが、
来年も元気に、成長したいと思います。
学ぶ心を忘れずに・・・・

今年もお世話になりました
来年もがんばります

人間の可能性

タイトルがとてもおおげさなものではありますが、最近とても強く感じることです。

このブログでも何度がご紹介していますが、今年度は通年を通して人吉市で温泉ミニデイサービスを2か所実施させていただいております。

その中で、私自身まさかここまで改善されるとは思ってもみなかったほど、予想以上の改善がみられた方がいらっしゃいました。

初の教室参加時には、椅子への立ち座りもままならず、身体機能測定では歩行が途中までで終了し、計測不能となる項目も多々ありました。

3ヶ月毎の評価を行っていますが、半年計画での機能回復を目指しともに取り組んできました。

目標としてまずは「転倒不安を軽減し、歩行時間を5分休みなしで歩くこと、そこから徐々に長くしてくこと、また椅子への立ち座りを安全に行うことができること」を目標として取り組みました。

最初は本人も、期待半分不安半分での取り組みではありましたが、他の参加者の改善を目の当たりにし、教室のみならず在宅でのプログラム実施に励まれました。

その成果が今回の機能改善につながったと思います。最終的には、階段も手すりにつかまらずに登れるようになり、1分以上かかっていたTUGテストも10秒以内での実施が可能となり、足を上げることができなかった開眼片脚立位も30秒程度可能となりました。

難病のため、できないことも多くありますが、できることが増え、実際の活動量も増加し、自分に自信が持てたとのことです。

再度、人間の可能性を感じ、これからもたくさんの笑顔を見ていきたいと思います。「指導者は学ぶことをやめたとき、指導することをやめなければないらない」常に学ぶ意識をもち、たくさんの人の支援ができるよう、日々気づき、学んでいきたいと思います。

一生懸命がんばること

松尾@くまもと健康支援研究所です。

今日は、午前中に医療保険者様へのプレゼンに行き、午後からは市の保健師さんの研修に行きました。県内を飛び回ることは私にとっては7年間続けてきた当たり前のことですが、周囲からみると「大変ですね」「忙しいでしょう」といわれます。。
この仕事が好きで、一生懸命打ち込むことができていれば苦痛を感じることはありません(たまにいろいろな局面で凹むことはありますが)

いろんな地域に行くと、私たちが必要とされていることが実感できます。また保健師さんたちとお話しすると、私が持っている知識や技術を必要とされていることも感じることができます(思い込み??)

やはり「誰かに必要とされること」は私たち健康支援者にとっての大きな外的動機づけとなっているようです(*^_^*)

私たちの支援を必要としている県民の皆様に、優秀なヘルスアップコーチ®の支援をお届けできるように、ヘルスプロモーションの理念にのっとり健康なまちづくりを進めていきたいと思います。

今年も残りあとわずか。
一生懸命頑張ります

うれしい瞬間

こんにちは。
竹永@くまもと健康支援研究所です。

今日はとてもうれしい出来事がありました。


平成19年度 5月から行われていた熊本市のヘルスアップ教室の卒業生のAさんが、会社を訪ねてきてくださいました。


卒業後も、ヘルスアップの参加者さんとは、お電話やメールでの支援をさせていただいていますが、久しぶりにお会いすることができ、本当にうれしい瞬間です。
3か月で生活習慣を改善され、その時の体重や生活習慣を今でも維持してらっしゃいます。
とてもすばらしいことですね

IMGP0952.jpg


熊本市の国保ヘルスアップ事業も、12月より後期を迎え、また新しい参加者さんと出会えることができました。皆さんが、生活習慣改善のヒントを見つけ、これから先健康でいきいきと生活していけるよう、サポートさせていただきたいと思います。

忘年会、新年会のシーズンですが、がんばっていきましょう

中高年の健康づくり講習会を開催しました

松尾@くまもと健康支援研究所です。

昨日、植木町かがやき館で「第6回中高年の健康づくり指導者講習会」を開催しました。
今回は、次年度からの特定健診・保健指導を考えるというテーマで、県内市町村の保健師さん・管理栄養士さん26名にお集まりいただきました。

講師は、当研究所アドバイザーの熊大医学部荒木教授にお願いし、「メタボリックシンドロームに関する最新知識」と題して講義を行いました。
学園大学の宮北先生も非常にわかりやすい講義をされますが、荒木先生もとても内容の濃いものをわかりやすく丁寧にお話しいただきました。

先生の講義のあとは、植木町役場近くの定食屋に参加者の皆さんとウォーキングで移動し、いろいろなお話をしながら昼食をともにしました。くま健スタッフもご一緒させていただき、市町村保健師のみなさんと貴重な時間を過ごさせていただきました。

午後からは昼食後で眠くなるところですが、私が150分ぶっ通しで「保健指導対象者の行動変容を促すヘルスアップコーチング®理論と演習」ということで、くま健の独自性でもありますヘルスアップコーチング®を市町村の保健師さんにご提供いたしました。

次年度からは結果が求められる保健指導で、いかに効率よく効果を出していくかという部分に焦点が当たると思いますが、やっぱり住民のQOLを高めるための保健活動という原点に立ち返り、広い視野を持って予防事業に市町村の保健師さんたちと取り組んでいけたらと思います!!

11月から休みなしのノンストップひのくに号(熊本-福岡間の高速バスの名称で、子供のころ弟と二人で福岡からよくバスに乗ってきて祖父母の家に遊びに行っていました・・・)ですが、次年度の健康支援に向けてがんばります(*^_^*)

健康支援者の仲間を増やそう

松尾@くまもと健康支援研究所です。

今日は、管理栄養士や保健師の面接をするために研究所に詰めています。今、全員の面接を終えたところですが、熱心に事業内容について話を聞かれていました。

くま健の礎をなす優秀な健康支援者の卵を発掘しようと、いつもより神経をとがらせて、面接対象者の一挙手一投足を観察しているところです。

これから一生お付き合いすることになるくま健ファミリー候補者の方たちとの有意義な時間でした(*^_^*)
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。