FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健康運動指導士養成講習会(実技)

竹永@くまもと健康支援研究所です

8月から始まっている、健康運動指導士養成講習会もいよいよ終盤です。
保健師・管理栄養士の69単位コースでは、8月29日より実技の講習会に入っています。

初日から、体力測定の技法、実際に自分自身の体力測定をすることで、さまざまなことを学んでいます。

初日には(恐怖の)20mシャトルランテストもありました。
このテストは、全身持久力を見るテストです。CDから流れる設定された電子音に合わせて、20mの距離を折り返しながら走るというものです。電子音の間隔ははじめはゆっくりですが、段々早くなります。
実際に、初めてシャトルランテストをやってみましたが、とてもきつかったです。結果は38回で、推定最大酸素摂取量34.6ml/kg/分でした。

今回の実技実習では、日頃色々な現場で行っている体力測定も1つ1つ学んでいます。体力測定や実技も自分自身が行う事で改めて、実施する時の注意点や、その測定が何を意味するのがわかってくると思います。この経験は今後に生かしていきます


明日はエアロビクスもあり、また頑張ります


スポンサーサイト

夫婦でヘルスアップ教室閉講式

松尾@くまもと健康支援研究所です。

今日は、熊本市で3ヶ月間行ってきた国保ヘルスアップ事業「夫婦でヘルスアップ教室」の閉講式でした。
あいにく当研究所の精鋭保健師2名は、福岡での研修で不在でしたが、今年新人ホープと一緒にまとめてきました(*^_^*)

私たちのモットーは「科学的根拠に基づく安全に、楽しく、かつ効果的な」健康支援です。
今度の10月に公衆衛生学会に熊本市での取り組みを発表する機会を得ましたので、すぐれた熊本市での取り組みを全国に向けて発信してきたいと思います!!

それにしても、今回で夫婦でヘルスアップ教室は4期終了したことになります。市の職員さんとアイディアをたたきあって作り上げたプログラムがいまや効果てきめんのプログラムへとなっています

毎回仲睦まじいご夫婦が3ヶ月間にわたる健康づくりという共通の話題で、さらに仲良くなっていかれるんです(^u^)
今回もほほえましい温かい雰囲気での閉講式となりました。

次にお会いするご夫婦はどんなご夫婦でしょうか。今からが楽しみです

宇城市松橋ヘルスアップ教室

はじめまして
三村@くまもと健康支援研究所です。

8/27(月曜日)は、宇城市松橋ヘルスアップ教室(12回コース)の6回目(中間)でした。

ヘルスアップ教室とは、生活習慣病予備軍の方々を対象に運動・栄養・保健指導を行う教室です。

ヘルスアップ教室参加者は、教室初回に生活習慣病にならない為に個々人のライフスタイル・食生活を振り返り健康運動指導士・保健師・管理栄養士と共に改善点を見つけました。皆さん(ヘルスアップ教室参加者)日々の生活に無理なく改善出来るよう様々な工夫をこの6週間されました。

その結果!!

皆さん確実に目標とされている腹囲、体重に近づかれておりました。皆さん、スタッフ共にバンザ-イをしました。

この日、皆さん一人々に改善できた体験談やこの生活を継続する為の考えを発表して頂きました。

SBSH0002.jpg


体験談の中には、「食生活改善の為に毎食1~2品の野菜・きのこ・海藻料理を積極的に食べたので食べ過ぎる事が殆どなくなった。」、「教室スタート時点より間食を減らし規則正しい食事が出来る様になりました。」、「毎日涼しい時間に一時間程ウォーキングをする様になり体が軽くなり、疲れにくくなった。」「忙しい日は、筋トレやストレッチだけでも夕方します。」との声がありました。

この生活習慣が継続出来る様にスタッフも様々なアドバイスを提案して行きたいと考えております。最終日(12回目)には、今日よりさらにすばらしい皆さんの笑顔が見れる事を楽しみにしています。

介護サービス事業所職員研修に行ってきました

松尾@くまもと健康支援研究所です。

今日は、三加和町の和楽荘様で職員対象の研修にお招き頂き、講演をしてきました。みなさん業務終了後のお疲れのところにもかかわらず熱心に研修を受けてくださいました。
今日の研修を活かして、きっとICFの理念に基づいた自立支援のサービスが提供されることと思います。

同時に、そんな一生懸命取り組んでいらっしゃる事業所が適正に評価されるために、自分の自立度を維持したい高齢者がサービス事業所を選択するための評価をきちんとまとめて公表していかないといけないと痛感いたしました。

これからがんばっていきます^▽^

山鹿市菊鹿生涯大学に講演に行ってきました

松尾@くまもと健康支援研究所です。

今日は、山鹿市菊鹿に生涯大学の講師として介護予防の講演を行ってきました。
旧菊鹿町のころから、支援させていただいていた地域で、今は菊鹿温泉のほうで「温泉わくわくクラブ」という特定高齢者施策通所事業を行っています。
実は旧菊鹿町は、県内でも高齢化が進んだ地域なのですが、老人医療費も介護給付費もそんなに高くない地域なのです。
住民の皆さんもとても地域づくりやボランティア活動に熱心で、社協さんが取り組んでらっしゃる「ふれあいいきいきサロン」もとても活発に行われています。

本日も約170名の高齢者の方が集まり、介護予防の学習をされました。
今日参加された皆さんが、地域の核となり介護予防意識の高い地域づくりの一助となるように、熱心に話しこんできました。

また来年もお会いして、元気をもらいたいです!

健康運動指導士養成講習会

残暑お見舞い申し上げます
みなさん、暑さに負けていませんか??

竹永@くまもと健康支援研究所です。

8月11日より、福岡大学内にて健康運動指導士養成講習会に参加しています。
くま健スタッフは、保健師2名(私を含む)、健康運動実践指導者3名の合計5名で参加しております。

有資格ごとに、受けなければならない講習単位が違っており、健康運動実践指導者は44単位、保健師においては69単位になります。
なお、保健師の69単位には、フィットネスクラブでの現場実習、8月29日からは体力測定などの実習も入って盛りだくさんです。


20070815234243.jpg



写真のように、300名以上が1つの部屋に集まり、講習を受けています。今日は「運動行動変容の理論と実際について」学びました。

20070815234634.jpg


私自身、これまで運動について専門的に詳しく学習することがなかったため、とても勉強になっています。 実際、内容は難しく日々戦っております。

9月11日の試験合格を目指し、5人で力を合わせてがんばります。

人吉市温泉デイサービス

はじめまして
竹永@くまもと健康支援研究所です(^-^)

毎日暑い日が続いていますが、皆さん体調崩されていませんか?
くま健では、風邪が流行中です!!

早めの休養、体調管理に気をつけたいところですね。
自分自身も気をつけていきたいと思っています。


私は昨日人吉市温泉デイサービスに行ってきました。
20070807113855.jpg


4月から行かせていただいていますが、皆さん温泉での体操など
を覚えて、ドンドン元気になっていらっしゃいます。

卒業生もでてきており、うれしい限りです。

このプログラムに参加することで、人吉市の高齢者の方々が、益々
元気に、介護予防になるように、自分自身も精進したいと思っています。

感動しました

伊東@くまもと健康支援研究所です

先日、植木町の施設で住民さんより見せたいものがあるとのことで、プールまで呼ばれました。

プールまで行くと、クロールで約15mほど泳ぐ姿が見られ感動しました。

泳げる人には15mはたいしたことのない距離と思えますが、その住民さんにとってはすごいことでした。

約2か月前までは水に顔もつけることもできず、72歳を超えて泳ぎたいと決心し、水泳教室に通われました。

週1~2回の教室以外にも一緒にプールに通われている住民さんと一緒に練習し、ついにクロールで泳げるようになられました。

今度はまだ苦手な息継ぎができるように練習するとのことです。

私のつたない文章ではうまく感動が伝わりませんが、いくつになっても上達は可能であり、できることは増えていくということを改めて実感いたしました。

今後も精いっぱい支援し、たくさんの笑顔を見たいと感じます。

くまもと健康支援研究所暑気払い

松尾@くまもと健康支援研究所です。

昨日は、くま健スタッフ一同で暑気払いの宴を行いました(*^_^*)
いきいき健診担当の新人スタッフもテンションが高く、日ごろの疲れを吹き飛ばすかの如く飲んで騒いでおりました。

また阿蘇エリアのスタッフ、植木エリアのスタッフも勢ぞろいし、活気溢れる会となりました

私も熊本での生活15年目となりますが、やはりあつい!!この暑さに負けないように、皆様の健康づくりのお役にたてるようにスタッフ一同がんばります

ホームヘルパー2級養成講座にて

松尾@くまもと健康支援研究所です。

今日は、午後から県シルバー人材センターの主催によるホームヘルパー2級養成講座の講師として3時間講義をしてきました。

参加者の皆さんは57~64歳までのいきいきシルバーの皆さんで、2015年問題といわれますが、これまでの日本を支えてきて、そしてこれからも日本の高齢社会を支えていく元気いっぱいの方たちでした(*^_^*)

皆さんの熱心な受講態度そして目の輝きは、私もとても刺激を受けるものでした。
「生き生きとした生活を送るための介護予防」ということで、介護予防の意識の高い地域づくりを担うことができる人材育成に一役買うことができたかなと自画自賛しております。

私の両親も第1次ベビーブームの世代で、これから高齢期を迎えますが、「趣味や生きがいにしていることを家族や地域の方たちとのかかわりを持ちながらできる限り続けていく」ことができる地域づくりにこれからも尽力していきたいと思います!

そして、今日お会いした皆さんと県内のどこかで、一緒に介護予防の地域づくりに取り組むことができることを期待しています(*^_^*)

阿蘇市特定高齢者通所事業にて

松尾@くまもと健康支援研究所です。

本日は、阿蘇市の特定高齢者通所事業のアセスメントに行ってきました。阿蘇市は平成14年から旧波野村、平成15年から旧一の宮町、旧阿蘇町から転倒骨折予防事業で何度も何度も足を運んだ地域なので、高齢者の皆さんとお会いすると顔を覚えていただきている方もいらっしゃりとてもうれしく思いました(*^_^*)

本日の私の役割は、特定高齢者の皆様の歩行状況や関節の状況、筋力の状況などをアセスメントして、個別のプログラムを作成するというものでしたが、2時間で合計5名の方々を支援させていただきました。教室の進行は、研修を終えた当研究所期待のホープに任せ、私は個別に専念しました。その終盤で、介護予防サポーターの住民さんがとてもいいことを言ってくださいました。

「やってみると、ほんなこつよかです。おふろでんどこでんとにかく動かしてみてください。先生の言う通りにやってみたらこんなに動くようになりました」

私がいきいきできる一番の瞬間です。この瞬間のために、この仕事をしているといっても過言ではありません。
健康づくりの輪が広がり、住民の意識が変わり、態度が変わり、行動が変わり、坂が緩やかになるという、健康なまちづくりの片鱗が実感できた瞬間でした(*^_^*)

一人ひとりの住民さんを支援し、地域を支援していくことでヘルスプロモーションの輪を広げていきたいと思います!!

いよいよ8月です

松尾@くまもと健康支援研究所です。

7月31日国保中央会の九州ブロック研修会に参加してきました。外は熊本独特の蒸し暑さでしたが、会場は担当者の方のギラギラした熱気(?)に包まれていました。
来年4月から始める特定健診・特定保健指導に向けて、市町村国保・衛生担当者の皆さんは必死で体制整備に取り組まなければなりません(加算減算のためではなく、住民のQOLのためと信じています)ので、九州各県から集まった方々からの熱心な質問が飛びかっていました。

私も末席から、厚生労働省や国保中央会の情報に五感を研ぎ澄ませ(?)メモをとりました。
その中で、やはり地域の特性をいかした効率的な仕組みの構築が必要不可欠であると感じました。ヘルスプロモーションの視点に立った特定健診等実施計画の策定を前々から考えていますが、このたび合志市様と契約を結び、仕組みの構築の参画する機会を得ました。このほか、数市町村さまと一緒に計画作りに入ることになりますが、働く専門職の方・事務職の方そして住民が元気になれるような仕組みを作り上げていきたいと思います。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。